iPhoneを初期化する

どうしようもなくなったらiPhoneを初期化してみよう

原因不明のトラブルによってiPhoneが正常に動かなくなった場合は、一度電源をオフにして再起動することで復帰する場合もあります。それでもダメな場合はお店に持っていって修理してもらう必要があるでしょう。しかし、お店に持って行って修理をしてもらう前にiPhoneの初期化を試してみるのも有効です。iPhoneを初期化することによって、保存しているデータや今までダウンロードしたアプリは全て無くなってしまうものの、iPhone本体は正常に動くことがあります。初期化すると本体に保存しているデータなどは無くなってしまいますから、初期化を試す前にデータなど必要なものはバックアップを取っておきましょう。とはいえ、本体が故障しているため、本体をパソコンに接続してバックアップを取ることになります。

初期化の方法を確認しよう

必要なデータのバックアップを取ったら、いよいよiPhone本体を初期化します。初期化するには、まずホーム画面から「設定」のアプリを開きます。「設定」の「一般」をタップしたあと、「リセット」をタップします。すると、リセットする際の詳細な設定を決める画面になりますから、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。その後、確認画面が表示されます。ここで「iPhoneの消去」を選択することによってiPhoneの初期化が始まり、本体内にある全てのデータと設定が消去されて出荷された時の状態に戻ります。初期化が完了すると、iPhoneの初期設定画面が立ち上がります。この時点で正常に動かすことが可能であれば、以後修理に出すことなくiPhoneを使用できるでしょう。

iphone修理を宇都宮で行う際には、東武宇都宮駅周辺及びJR宇都宮駅周辺の繁華街にある店舗で行う場合と郊外のショッピングモールの店舗で行う場合の2パターンがあります。